×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

リニアモーターカーとは

リニアモーターカーとは、リニアモーターによって駆動する鉄道車両のことをいいます。リニアモーターカーのリニアモーターとは、一般的なモーターの回転運動とは違い、平面上を連続的に動くモーターのことです。また、一般的にリニアモーターカーというと、電磁石によって路面や線路から浮上して高速走行を行う近未来型の鉄道車両と想像されがちですが、リニアモーターカーが磁気によって浮上するとは限りません。また、磁気浮上式鉄道(電磁石によって路面や線路から浮上して高速走行を行う近未来型の鉄道車両)が、リニアモーターで駆動されているとも限りません。磁気によって浮かび走行する車両は、磁気浮上式鉄道と呼ばれています。リニアモーターカーとは、リニアモーターによって駆動する車両のこといいます。

スポンサード リンク

リニアモーターカーの種類@

リニアモーターカーの種類には、大きく分けて磁気浮上式リニアモーターカーと鉄輪式リニアモーターカーの二つの種類があります。磁気浮上式リニアモーターカーは、磁力の吸引力・反発によって浮上しながら移動することのできる車両の総称です。原動力には、リニアモーターが用いられていて、新幹線などよりも速い高速運行が可能です。磁気浮上式リニアモーターカーは、駆動にも浮上にも磁気を使っているので、原理的な面や設備的な面ではかなり相性のいいエンジンです。しかし、駆動だけではなく浮上にも磁気という新技術が用いられているので、技術的な障害が若干ながら多い。また磁気浮上式リニアモーターカーは高速運行は簡単にできるが、低速運行などをするのが難しい。この欠点を補うために、浮上式車両でも、低速時や停車、緊急時のために車輪を装備しています。

リニアモーターカーの種類A

鉄輪式リニアモーターカーとは、原動力としてリニアモーターが採用されていて、車輪と通常のレールによって走行する列車のことをいいます。鉄輪式リニアモーターカーは、地下鉄などで多く実用化されています。鉄輪式リニアモーターカーは、接地式リニアモーターカーともいわれていて、鉄輪式以外もゴム輪などでも走行が可能です。鉄輪式リニアモーターカーの特徴は、リニアモーターが通常のエンジンよりも非常に薄いので、通常の電車よりも台車を薄くすることができ、車両断面を小型化することができます。通常の電車よりも小型なのでトンネルなどの断面も小さくすることができ、建設費を削減することが可能です。この他にも鉄輪式リニアモーターカーは、急勾配などの走行性能が高いので大都市などの地下鉄路線の過密化によって路線空間を確保することが困難な場合に、急カーブや急勾配を多くもつ山側に路線空間を確保することが有効です。

Copyright © 2008 リニアモーターカーの紹介